手軽で便利なイメージが強いカードローンですが、中でも無利息期間というサービスで人気を集めているのがレイクやプロミス、アコムなどの大手カードローン会社です。

無利息サービスといっても業者によってその条件や内容はさまざまです。共通しているのはお金を借りている期間のうち一定期間に対する利息がゼロになる、というメリットです。
無利息が適用されている期間内に全額返済すれば、利息は1円も支払う必要がありません。

無利息サービスの開始日には次の2とおりのタイプがあります。

  • 契約日の翌日(レイク、アコム)
  • 初回の借入日の翌日(プロミス)

無利息サービスが終了した翌日からは規定の金利により利息が発生します。
借り入れ当初は無利息で返済していたわけですから、無利息終了後に利息がプラスされると、適用金利や借入金額によっては余計に利息負担が大きく感じられるかもしれません。
無利息サービスを提供している金融機関によって、適用される日数や条件は色々です。
以下に例を挙げてみましょう。

  • レイク→30日間または180日間(5万円まで)
  • プロミス→30日間
  • アコム→30日間

大手の無利息で多いのが無利息期間が30日間のタイプです。
一見すると同じ30日間でも、実は契約後すぐに借り入れしない場合は大きな違いが出てくることもあるので注意が必要です。

レイクやアコムは契約日の翌日から適用となるため、後日キャッシングする際には無利息期間があまり残っていない、といったケースもあり得ます。
ですがプロミスは実際にキャッシングを利用した日の翌日から日数をカウントするので、しっかり30日間無利息が適用されることになります。

また無利息終了後の適用金利や借入額によっても実質的な利息負担が変わってくるため、どこが一番有利かは一概にはいえません。
まずは自分の利用条件に沿って、返済シミュレーションで試算してみるとよいでしょう。
詳しい情報については主婦でも即日融資で借りられるカードローンこちらです。