2016年5月13日

今、銀行カードローンがおすすめです

今、銀行カードローンに人気が集まっています。これまでこのような商品は消費者金融業者が中心となって扱っていましたが、総量規制の対象となってしまい、それに代わり総量規制対象外である銀行系カードローンが増加してきたのです。その人気の理由の一つとしては、消費者金融業者と比べて金利が安いということがあります。借入額にもよりますが、消費者金融業者と比較すると平均5パーセント程度低金利となっているのです。また、契約の際に収入を確認する所得証明が不要であることも人気の理由となっています。総量規制対象外である銀行については、ある程度の融資額(各社によって異なりますが100万円から300万円)までであれば所得証明が不要なのです。もちろん、審査の際に必要と認められれば提出する必要があります。また、所得証明が不要であることから、収入が無い専業主婦が融資を受けることも可能となっています。その際には配偶者に安定した収入があり、返済が可能であることが証明できるということが条件となっていますが、契約時に配偶者に確認の連絡がいくようなことはありません。このように消費者金融業者と比べると、利用しやすいところに銀行系カードローンの人気があるのです。ただし、審査の際には提携している消費者金融業者(保証会社となります)による審査を受ける必要があります。また返済を怠った場合には、債権は保証会社である消費者金融業者に移行する可能性が高く、その場合には消費者金融業者からの取り立てを受けることになるので注意が必要です。