2016年5月13日

銀行カードローンと保証会社の活用について

融資を受けたい時に役立つのが銀行カードローンです。
消費者金融会社でもよく似た個人向けの融資サービスであるキャッシングがありますが、銀行カードローンの場合、銀行が貸し出しを行なっており、金利が安く済むといったメリットがあります。
申し込み方法としては、銀行のATMなどから可能になっていますが、近年では、ネット申し込みをするのが一般的になっています。
必要な書類としては、本人確認書類と申込書、融資を受けたい金額が100万円など高額である場合には収入証明が出来る書類も必要になってきます。
担保に関しては不要ですが、保証会社と契約する事が求められています。
限度額は審査において所得に応じて決定しますが、融資や返済を継続的に行なっているのであれば、増額のお誘いが来る事もありますので、必要に応じて増額をしていけば良いでしょう。
借り入れしたお金の使用制限については業務用途以外では特に無く、借りたお金を自由に使う事が出来ます。
返済については、銀行が計算した利息と元金を合わせて請求される事になりますので、請求額に応じて支払う事になります。
残高スライドリボルビング方式を採用しているケースが大半ですので、返済がしやすくなっている一方で、借り入れ金が多ければ、それだけ長期間返済をしていく必要がありますので、返済の事を考えて借り入れを行っていく必要があります。
無担保ではありますが、保証会社との契約はほぼ必須となっています。